留学準備の方法 英語で勉強することになれる 知っていることを英語で学んでみる

これからの学び
この記事は約2分で読めます。

留学を目指して頑張るのはよいことです。

ただほんとうに成功させたいなら、 事前の準備も必要かと思います。

ホームシック対応と勉強、両方にエネルギーを使うよりは少なくとも勉強の方は、ホームである日本でできることはしておいたほうが受けるストレスを軽減できそうです。

英語環境を通常運転にする

生活すべてが日本語で進む状態と、英語で進む状態、なれるまでには脳にもストレスがかかります。

可能な限り、英語での生活を通常のことにしてしまいましょう。環境上むりな部分もありますが、ニュースは英語でかけておくとか、さまざまなデバイスの言語設定を英語にしておくとか、ささいなものを英語にしてそれを日常にしてしまいましょう。

もう少し踏み込んだ英語脳に

生活を英語に寄せるうえに、留学とは勉強しにいくのですから【えいごで勉強する】ということにも少し脳をなれさせておくとよいと思います。

ただ新しい知識と英語、では処理するタスクが2つになってしまうので、知っている知識を英語で勉強してみましょう。

たとえば高校で習った世界史だったり、宇宙のことだったり、音楽のことだったり。

学校に関係なくても、アニメやゲームのことなどでもある程度詳しいことの英語サイトを探して、こういう表現するのかーとか検証してみるのもよいと思います。

多言語での情報収集、それが日常になっていなければ、脳にとってけっこうなストレスです。

生活にストレスがすくない日本で、負荷をかけて英語になれておき、海外では環境の変化と勉強に集中できるようにしておき、メンタルのバランスを崩さないように留学を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました