グローバル教育

海外教材を使った英語勉強法でグローバル子育て~オンライン英会話だけじゃない英語教育を~

グローバル育児というと、真っ先に「英会話」というものが出てくると思います。

英会話に関してはオンラインでもリアルな教室でもどっちでもいいとは思っていますが、幼児・小学生低学年に関してはリアルの教室のほうがいいのではないかなと感じています。

興味の問題や、オンライン英会話を認識しているかどうか(英語の勉強だよと諭されていれば集中できるかもしれませんが英語を話す=楽しい、のモチベーションはまだオンラインで感じにくい年齢なのでは、ということ)もあり、近くでものをやりとりしたり、雰囲気を感じながらの英会話があっているのではないかと思います。

お近くの英語教室を探す⇨

小さいころの英会話は意味があるのかどうか

小学校からや中学校から、明確にインターナショナルスクール入学や留学を目的としているなら早いうちから「話し慣れ」「聴き慣れ」をしておくことは大事です。

ただ、習い事としての英会話、であれば他の習い事が面白くなれば辞めてしまうこともあるし、教科学習としての英語を学校で習い始めるころには英会話と受験英語、として別ものになってしまう英語。英会話ができる=英語の成績がいい、にはならないところも悩みどころです。

小さいころから英会話を始めるのであれば、明確にインター受験や留学を目的に進めたほうがこども自身にもよい結果をもたらすかもしれません。

こども対象の英会話 ⇨

インターナショナルスクール(英語授業のところ)⇨

英語は使い続ける必要があるので英会話費用がずっと掛かってしまう

もしこどものころから英会話をならっていて、大人になってから役立てようとするのであれば、英語はやはりスポーツなどのようにやらなくなると忘れてしまうので、ずっとやる必要が出てきてしまいます

もちろん、途中でやめて再開しても勘みたいなものを取り戻すのは全く習ったことないより早いでしょう。

実際におとなになって英語を活用したいとおもったとき、それは挨拶ができるかどうかではなくて、もっとビジネス的なレベルでの問題になります。そのレベルで活用するには「基本」が重要。

クリスマスプレゼントにもなる英語学習教材がたくさん!遊べて英語も学べるプレゼントで家族で楽しむ!海外のホームスクール教材や学習教材のなかにはわくわくするものもたくさんあります。遊びながら回路やキャッシュフローを習得していくものなど大人でも楽しめて英語版なら英語の勉強にも!...

実体験の場としての英会話体験も大事ですが、数え歌や趣味の話などの繰り返しの授業では基本は身につきません。(あくまでこどもむけ英会話の場合。大人向けは英会話も多種の目的にそったものがあるので)

わたしたちが日本語を自由に使えるようになる過程でやってきたこと、いろんな文を読んだり、あれなに?って説明してもらったり、知らない漢字を調べてみたり適当に読んでみたり。

言語習得の過程で、こどもが経験する学習過程はどの言語でも一定の部分は共通で、英語のテキストにもそういったこども向けのコンテンツがたくさんあります。

英会話一辺倒ではなく、こどもの言語習得の流れに沿った英語学習のほうが、日本の教育現場では分離してしまう「受験英語」にも役立つ部分も多く、探せば無料教材も多くあるため、経済的にもお得なのではないでしょうか。

このサイトでは基本無料~安価に勉強できる海外情報を紹介しています。ブログを始めた当初は意識していなかったのですが、私自身そんなに教育にかける(それもこどもではなく自分に)教育費がある環境でもないので、情...

そのうえで時々英会話にも触れることで、相乗効果として英会話自体も楽しくなっていくきっかけにもなるとおもいます。

知育教材Educational toys (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=...
サイエンス教材マイクラ好きなら興味を持つかも? (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=...

 

ABOUT ME
study@home
まなびが苦手ではないはずなのに「学校」というなかでの学びによって、苦手になっていくのはもったいない。 家にいながら世界に触れて世界を知りつつも、それぞれの子なりの学びの方法やペースで成長していけるような環境を提供していければ、自分の経験や通信制高校・大学、海外のまなびの情報を提供しています。