Study Huck 007 えいごdeの先進性 CLILが取り入れられ始めています

えいごde塾では、数年前より、英語習得ではなく、英語をツールとして考えた、えいご「で」学ぶスタイルで進めてきました。

ファッションも学びも、その時々で流行るものがありますが、現在はCLILというものが取り入れられ始めているようです。

バカロレアに関しても、以前触れましたが、日本も多文化国家となる上で、仕事やコミュニケーションなど「目的」のための英語が必要になっていることがわかるかと思います。

英語自体の習得、は学者になるなら必要でしょうが、点数だけ高くてもツールの使い方がわからないのでは、生活が回っていかない時代がくるでしょう。

個人的には、必ずしも英語を身につけなくてもよいと思います。コミュニケーション能力が高かったり、

目的は「伝わる」「コミュニケートする」ことだから。

方法は何でもよい。

ただ、世の中のいろいろなものが英語で進んでいることも多いから(ニュースやIT業界などだって)、英語が理解できたら、今より多くの情報や選択肢にリーチできる。

世界が広がる。

ネットのおかげで例え、家に引きこもっていたとしても、距離的なものではなく、選択肢としての世界が広がる。

留学にいける環境じゃなくても、体が動かなくても、学校行ってなくても、平等に世界に繋がれる。
(通信料とパソコンのみで(笑))

そのちょっと先を歩いた自分からの情報提供と、えいごde塾がちょっとした未来につながるお手伝いになれば、という想いで小さく小さく、地道に続けていきます。

今後新しいことも企画しているので乞うご期待!

 

Study Huck 001 ホームスクールのお役立ちツール①

 

日本では、まだまだホームスクールが一般化していないこともあり、カリキュラムやツールもあまりないのが現状かなと感じています。

海外のホームスクーリング事情を検索していて、よさそうと思ったものを紹介しています。

 

ママのためのホームスクーリング計画書


(何ページかあるものの一部です)

出典はこちら。

週の予定だったり、ホームスクーリングの日にやることリストだったり、
日本のホームスクーラーが漠然と感覚で決めているところがわかりやすくテンプレートになっています。

この活動は積み重なっているのだろうか?と不安に思うママや、こどもたちに計画立てをさせたいホームスクーラーのママは学習/活動歴の記録や、計画にこちらのテンプレートを日本語にして使ってみるのもいいかもしれません。
(日本のホームスクーリングに当てはまる部分をこちらを参考に作り替え、Wordなどで作成することは可能です。関心がある方はinfo@homeschooler.linkまでお問い合わせください。(有料対応))

日本から買えるホームスクーリング教材

海外の出版社や会社のみで販売しているものもありますが、今はAmazonなどで比較的多様なテキストや実験材料などが手に入るようになっています。

参考↓↓

The Homeschooling Book of Lists (J-B Ed: Book of Lists)

(ホームスクーリングの本のリスト)

The Storymatic Kids — Hundreds of Cards — Tell Stories, Play Games, Make Art, and More — Includes Booklet with

子ども用カードゲーム)

いろいろあるので、ご自分のおうちの学び方に合うものをいろいろリサーチしていったらよいかと思います。

Study Huck 002 クリティカルシンキング [問題001]

今後、グローバル化していく日本。
普通は~、では通じない「論理的思考」「論理的会話」が必要になってきます。
小さいころから、ゲームとして触れるor大人になってからの英語学習の一環として役立つのではないかと登録しているメール配信からのご紹介です。

 

(The Critical Thinking Co.™ より)

*ブルー「で」角がひとつなのはどれ?

*ブルー「または」角がひとつなのはどれ?

*緑「で」角がふたつなのはどれ?

*緑「または」角がふたつなのはどれ?

 

答えは、英語がわかる方は出典のページへ。
英語を勉強中の方は、info@homeschooler.linkまで。

えいごde塾受講中の方の場合、こちらへの参加もポイント追加対象♪

Study Huck 004 海外大学の通信制で勉強する Uopeopleの場合

 

 

世界的にみると、いろいろな大学が公開講座などを展開するようになっています。
勉強だけしたい、知識がほしい、という場合には、日本から出なくて、地方に居ても海外の知識に触れられる機会が増えました。

「単位」を取る、となるとまた別ですが、日本の大学の単位としては認めれていないことが多いでしょうから(今後、将来的にグローバル化していけば変わっていくと期待していますが)、あくまで「留学」することを前提とした場合、まだ留学できるタイミングでなくても、日本にいるままできることがあります。

通信制大学は、社会人が働いたまま通えますが、海外のものはさらに「日本にいるまま」留学準備ができることになります。あらかじめ大学のパンフレットなどで確認しておく必要はありますが、別の大学に単位をトランスファーできるシステムがあれば、
・日本で海外にいくお金を働きながら貯める
・留学時の負担を軽くするために、あらかじめ国内で一部の単位を取っておく
ということができることになります。

各有名大学でも、通信制をやっているところも多いですが、その大学がある国のみ可、ということも多いです。
「international」でオンラインコースがあるか確認してみるといいかもしれません。

だいたい、実習が必要な学部に関しては、「国内のみ」ということが多いイメージです。
そして、きちんと在籍するには、結構な額の学費も必要となります。もちろん、留学するより安いし、生活や文化を変えないままに日本で勉強できる利点を考えれば、それも安い方ではあると思います。

私のように、あまりそこに費用をかけていられない場合、そして、まずは英語で勉強すること自体に慣れていきたい場合、なるべく費用は安く、それでいて締め切りとかがあるもの(自由に動画閲覧とかですと、モチベーションが続かない)が良い、ということでリサーチして見つけたものがUopeopleという大学でした。

 

Study Huck 005 海外ホームスクーリング情報[ホームスクーリング教材]

日本からでも利用できるサイトや教材を紹介していきます。少し煩雑な部分はある程度情報がまとまってから整理していきますのでご了承ください。m(__)m

教材等販売サイト Educent
(*homeschool という検索ワードで絞っています)

日本への配送は可能か


国選択にJapanがあるので注文自体はできると思います。配送料はのちほど注文する機会があるときに調べてみます。(FAQなどには記載なし)

支払い方法は?

クレジットカードかペイパルになっています。

Paypalとは

科目(subject)や勉強方法(PC、ワークブック、書籍など)別にチェックを入れてさらに絞り込むことができます。

教材購入サポートをご希望の場合は、こちらからお問い合わせください。