Read Article

レッスン詳細/お問合せ



進学以外の勉強をしちゃだめですか? どこでも通用する知識・スキル・考え方を身につけさせたい

英語でホームスクーリングと言っても何をするのか具体的にイメージが湧かない方が多いですよね。きっと。
わかりやすく、説明できればよいのですが、まずはなぜこの塾を作ったかお話ししてみますね。

まずはホームスクーリングとは何か、漠然としているのでwikiから引用します。

●ホームスクーリングとは?●

ホームスクーリング英語homeschooling)は、学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行うことをいう。オルタナティブ教育の形式のひとつであり、ホームスクール英語homeschool)、ホームエデュケーション英語home education)などともいう。ホームスクーリングが盛んな米国などでは、家庭を拠点としながら大部分の時間を戸外の教育機関で過ごすケースがあるため、在宅教育(ホームスクーリング)とともに、自宅ベース教育(home-based education ホーム・ベイスド・エデュケーション)と言う表現も使われる。

ホームスクーリングを教育形態で分類すると、教科書などを使い保護者等が教師役をつとめる、あるいは保護者監督のもとインターネットで在宅講座を受けるラーニング・アット・ホーム、他のホームスクール生徒とともに講義を受けるアンブレラ・スクール、子どもの自主性に任せて本人の学習する意欲・興味に従って教育を進めるアンスクーリング(ナチュラル・ラーニング)等がある。(wikipediaより)

国の情勢や地理的環境により、家で勉強せざるを得ない場合と、「教育の選択肢のひとつ」としての家で勉強する場合があると思います。

日本の場合は、主に不登校の場合にホームスクーリングが出てくるのではないのかなと思いますが、途中から学校に行かなくなったという場合以外にも、
・学校を選択しない
・学校に通っているけれども他のことも学びたい
・生活に関することすべて
が家庭での学び=ホームスクールだと思います。

だから、この塾は不登校でも、学校行っている子でも、中退してまた勉強し始めようとしている人も誰でも学べます。

また、日本の進学のためだけの「試験用学力」ではなく、世界・社会に出ても使える「生きる知識・スキル」を学べる塾です。

なぜわざわざ英語でホームスクーリングなのか

不登校の子の場合
 小1から行っていない場合と途中から行かなくなる場合がありますが、どちらにしろ学校の学習からは離れていたり、苦手意識があったりあきらめがあると思います。
それに、一度離れると、
「そもそもなんで学ぶのだろう」
という根本的な疑問が湧いたりして、学びや学問をみつめはじめ、進学を目的とした勉強が無意味に感じてきたりすると思います。それはそれで間違いじゃないし、学びの根本をわかっていて素晴らしいことだと思います。
何かの資格や卒業が必要になったときには、そのときはやる気になるだろうから。
でも、勉強癖はつけておきたかったり、毎日の時間をムダに過ごしたくなかったり、勉強自体は嫌いじゃないっていう子が多いですよね。
でも、教育費をたっぷりかけられたり、始終サポートできる時間がある家庭ばかりではないので、新しい体験、いろんなスクールに通ったりする勉強の仕方は難しい。勉強はしたいけど、学校以外の勉強が思いつかないし、サポートなしでやれる教材などそろっているのは、学校の内容しかない。
学校に戻ること、学校の進学を希望していないのに、「勉強しなきゃ」という義務感だけで学校の勉強したって、あまり頭に入らないですよね。

ということで、学校の内容ではなく、海外の学習内容で学んでしまいましょう!

なぜ?わざわざ英語?

ほんとは、不登校の子が感じている「学びの違和感」って本質で、講演会(リンク)でもあったように、進学したいとおもったら短期間でもできるのだと思うのです。でも、今の日本社会では「学校へ行かない」ってことに、社会が子供たちに「罪悪感」「劣等感」を感じさせてしまいます。

ほんとは感じる必要ないのに。

だから、みんなが学校行っている時間に英語を身につけてしまうことで、アドバンテージにしてほしい。
ひとつみんなとは違う武器を身につけたら、「不登校だから」とあきらめたり劣等感を持たなくなるのではないか。

別に英語だけが重要なわけではなくなんでもいいと思うんです。劣等感を持たないために何かを利用すればいいだけ。心無い社会の目や人に厳しい目を向けられたとき「学校行ってないけど、英語の理解度はすごいですからー!!!」って言い返せるひとつを持ってれば楽になる。
それに利用しちゃってほしい。それをあまり地域格差、収入格差、環境の違いで、できないことがないように。
オンラインを使っての講座にしました。

学校行っている場合や、不登校から留学、進学を目指す場合

でも、やっぱり進学したいとか、学校行っているけど習い事させなきゃとか、グローバル社会で生き残れる人材にならなきゃとか。

朝から学校行って、帰って習い事して、宿題して忙しいこどもたち。
何のために学ぶか、なんて考える暇もないくらい。
それを考えると「不登校」のこどもは幸せなのかもしれないですね。自分の人生を真剣に考える時間を与えられている。

で、少しでも時間を効率的にしてあげられるには?って考えると。。。
英語塾×学習塾、2つのシステムを一緒にしてあげれば、ゆったりする時間が作れるかも。

そして、将来留学したいけど、環境や経済的に無理かも、インターや英会話スクールに通う余裕はないし、とか自分で稼いで留学したいとか、そんな人たちが勉強しやすいスタイル、費用もたくさんかけなくていいスタイル。
日本にいながら、海外の教材で勉強して、英語での勉強に慣れるスタイル。

留学にあこがれて、実際に行って、生活に慣れることと勉強への労力と、でせっかく一生懸命準備や勉強したのに続けられなくなることもある。ホームシックは前もって対策できないから、留学後の労力を減らせるものっていったら、先に

「英語での勉強に慣れておく」

ってこと。そして、それは地域格差、インター行ける収入格差と関係なく、受けられるようにしたい。

そして生まれた えいご「で」塾、英語でのホームスクーリングなのです。

レッスンの進め方

こちらのページからお申込み、お問合せ


ヒアリングシートをお送りしますので、ご記入ください。
(現在の英語力、年齢、勉強の目的、お子さんに合う学習スタイル、達成時期などをお聞きした上でカリキュラム作成させていただきます。)

お送りしたカリキュラムに同意される場合、料金をお振込みください。
(振込先情報はこちら➡➡リンク)

4回ごとの日時設定で予約時間を取ります。教材のみ希望で、郵送やメールでの勉強をご希望の場合、
リアルタイムではないので予約は必要ありません。

レッスンスタート(頻度によって、数回に一かい進捗レポートを作成し、カリキュラムの方向の見直しをします。

※月ごと、回数制、対面レッスン、チャットレッスン、頻度により、料金等違いますので、こちらよりまずはお問合せください。
※サービス詳細ページの料金は、月4回オンライン(リアルタイム)レッスン(文字、ビデオチャットどちらでも)を行った場合の料金となります。

お問合せ・お申込み







Return Top