Read Article

今週土曜日ははっちにてSpecial Fairy Talk / こども大学院 です!!

今週土曜日は、高校生アーティスト LonaちゃんのFairy Talk スペシャル版! こども大学院主催として、開催されます!
(こども大学院FBページはこちら→→ ココ )
妖精のことを知りたい貴方や、妖精が見える貴方。是非ご参加お待ちしています。
お申込みはこちらから https://www.reservestock.jp/events/222718

いつものように子供だけでなく、大人も参加可!

そして、Lonaちゃんは、Openbase(不登校の居場所活動)のスペシャルサポーターのサマンサさんの娘ちゃんでもあります。

現在、クラウドファンディング挑戦中です。 11月15日までです! ご支援よろしくお願いしますm(__)m

(ちなみに、こども大学院のロゴ・スカラーくんはLonaちゃん作です。リターンの中には、会社や自分のサービスのロゴを作ってもらえるリターンもあるので見てみてね(`・ω・´)b)



ところで、こども大学院って何なのさ?ってはなし。

もともとOPENBASEという不登校・ホームスクーリングの子供たちの居場所活動をしている私たちなのですが、

こどもがかかわるコミュニティって、親がよほど先進的でいろいろ経験させる人でなければ、小中高と限られた地域や人になってしまいます。
ホリエモンも言っていた。

9年間以上も、多様性が最小限のコミュニティで過ごし、社会に出たからといって、すぐにセルフブランディングや、個性を出せ、なんてできるわけがない。

学校以外の選択肢がないというのは、「学校行っている子でも、行っていない子でも同じだよね」ということで、こどもでも生活や社会や、多様な人や学びに触れられる機会を!ということで始まりました。

9~12年間も掛ける学びなのかどうか 義務教育内容の問題

9月に講演会に来ていただいたよっぴー&まりんさん

こちらの記事にもありますが、高卒認定の内容を2か月半でまりんさん勉強されています。

9~12年毎日学校へ行ったり、塾へ行ったりしていることを2か月半で? 嘘だ―と思う人の方が多いと思います。私自身は初めて本を読んだとき、可能だろうなと思って、信頼性がないとは思いませんでした。(だからこそ、講演会を依頼したのですが。レポはこちら

なぜなら、小3くらいで学校行かなくなり始めた自分の子どもに、一度中3までの問題を試しに解かせてみたことがあったからです。(実際にやったのは、たぶん小3の3学期くらいか小4の最初?)

小3で、7割正解する中3までの勉強

もちろん、レベルの高い進学校に行くとか、資格やいい大学を出ないとなれない職業などには、毎日の学校の勉強や塾などが必要だとは思います。

一般的な「しなければならない」「させなければならない」勉強 というものに限定しての話です。

子供によく「勉強しなさい」って親は言いますが、素朴な子供の疑問「なんで?」に答えられなかったりしますよね。学校行かなくなり始めのころは、親もそれなりに勉強や将来とか不安に思ったりします。
私自身も不安というよりは、ほんとに学校の勉強しなくても大丈夫だろうか?と確かめなきゃ!!と模索していた時期があります。

それで無料期間とかあったので申し込んだりしました。こういうの。月980円ならムダになっても仕方ない、と。
⇩⇩⇩

中学3年生までの問題があるので、一通り解かせてみたわけです。特に教えることなく。
で、内容をきちんと理解しているかどうかはわからないし、ゲーム感覚かもしれないし、丸暗記かもしれないけれど、結果として中3までの問いをほぼ7割くらい(選択式が多いのもあるが)正解してしまっている。

小3では、そもそも勉強の意味とか、社会でどういう知識が必要とか、自分の得意不得意とか(勉強に関して)考えたり感じたりするよりもピカチューやDSの時期であり、その時期に7割できるってことは、年齢が上がって、「何のために勉強するのか」
が持てる年齢になってから勉強した方が効率的なのでは?と感じていた経験があったからです。

2か月半でできるなら、1~2年は勉学集中期間があったとしても、学校という場はもっと多様性や、家庭単位ではできないタイプの学びを提供するようなカリキュラムであってもいいのではと思っています。

でも、それは学校でやることは国全体、政治、その他いろいろ問題があって難しいことだし、塾に通わせて、普通に進学させている親御さんにとっては、逆に迷惑なことでもあるかもしれない。

学校にいかないという選択をして、レールをいったん降りたからこそ、カリキュラムどおりでなく、自由なタイミングでの勉強を選択肢として考えるわけで。

というわけで、個人や民間でしか、こどもたちにそういう機会を与えてあげられない現状なんだなーということで、こども大学院の活動が始まったわけです。

今後、小学生に<習う>プログラミング!(スクラッチ)や、高校生アーティストに学ぶ妖精学(Fariy Talk)など、
学校いっている行っていない、大人子供、オンライン・オフライン、いろいろな枠を超えた講座がたくさんです(`・ω・´)b

2018年度、講師も募集中!! 
おとなもこどもも、「人に教えてみたい」ことがあれば、
openbase8nohe@gmail.comまでとりあえずご連絡ください(^^♪
勉強っぽくないことでも全然OK!
Return Top